TREATMENTシミレーザー治療・肝斑レーザー治療

  1. 【しみ・そばかす・肝斑】しみレーザー治療・肝斑レーザー治療
ピコレーザーとは

ピコレーザーとは

しみ・そばかす・肝斑・毛穴・ニキビ跡などお肌のお悩みにアプローチ

2つの照射モード搭載で、多彩なコンビネーション治療が可能

ピコレーザーによる治療はしみ・そばかす・肝斑改善などの美白効果はもちろん、毛穴やニキビ跡などの肌質改善やお肌のキメを整えハリを出す効果が期待できます。
従来のしみ治療に使用されてきたレーザーは、パルス幅が「ナノ秒」であるのに対し、ピコレーザーのパルス幅はさらにその1000分の1秒の「ピコ秒」という極めて短いパルス幅を実現しています。しみ治療においてレーザーの照射時間は痛みやダメージに影響します。照射時間が短いほど熱ダメージが少なく、痛みが弱くなります。
当院で導入しているピコレーザー(エンライトン)は日本の厚生労働省やアメリカのFDAの認可を取得している医療機器です。

2つの照射モード搭載で、多彩なコンビネーション治療が可能

①ピコスポット照射

ピンポイントでしみを除去

ピコレーザーで気になる部分のしみの元となるメラニン色素をピンポイント破壊し、しみを除去する治療です。ピコレーザーは従来のレーザー治療と比べて肌へのダメージも痛みも少ないのが特徴です。色素沈着などの副作用も少なく薄いしみにも高い効果が期待できます。

②ピコトーニング照射(ピコジェネシス)

肝斑・くすみ・肌質改善に

ピコレーザーを低出力でお顔全体に持続的に照射していく治療方法です。メラニン色素を少しづつ分解・排出してしみを薄くしていきます。肝斑治療やお肌のトーンアップを効果的に短期間で改善します。

ピコトーニング

メラニンのみを破壊して、透明感のある肌へ

一般的に20〜40代の女性に多く見られるしみの一種である肝斑。肝斑は両頬に左右対称にできる茶褐色のしみです。原因は、はっきりとしていませんが、女性ホルモンのバランスが関係しているとされています。
一見同じように見えるシミと肝斑ですが、似て非なるもの。シミと呼ばれている老人性色素班は表皮の上層部にメラニンが密集していますが、肝斑は表皮の一番下の基底層にメラニンがまばらに広がっている状態です。まばらなメラニンに高出力のレーザー照射を行うと、正常な皮膚にまで影響を及ぼし、広い範囲で炎症性色素沈着が起きるリスクがあるため、肝斑にはレーザー治療は禁忌とされてきました。
そこで、肝斑へのリスクを避けるために、低出力照射で、レーザー1ショットあたりの照射時間を超短時間にする機能を持たせたのがピコトーニング治療です。弱い出力で回数を重ねてじっくり治療していくのがピコレーザートーニングの特徴です。
ピコトーニングは肌質改善治療としても効果が高く、くすみや炎症後色素沈着、毛穴の開き改善などにも適しています。

ピコトーニングのメカニズム

ピコトーニングは低出力のレーザーを照射することで、しみやそばかす、肝斑の原因となるメラニンを分解・排出していく治療法です。また肌細胞を活性化させて、肌の新陳代謝を改善する効果や、コラーゲンの生成を促す繊維芽細胞を刺激し、肌のハリやツヤを改善する効果が期待できます。

  • ピコトーニングのメカニズム
  • ピコトーニングのメカニズム

このような方におすすめ

・しみ・そばかす・肝斑が気になる

・今までのシミのレーザー治療の効果に満足できなかった

・肌質を改善したい

・透明感のある肌に憧れる

・肌のトーンを明るくしたい

・太田母斑(青あざ)を消したい

・毛穴を引き締めたい

ピコレーザー治療の特徴

  • FEATURE01

    照射時間が短く、ダウンタイムや副作用が非常に少ない

  • FEATURE02

    今までレーザー治療では難しかった肝斑にも有効な治療ができる

  • FEATURE03

    安定したビーム照射で、肝斑だけでなく、美肌効果も得られる

  • FEATURE04

    ピコ秒という極めて短い時間でレーザー照射ができるので、痛みが少なく、
    周辺組織へのダメージも最小限に抑えることが可能

  • FEATURE05

    高いエネルギー(ピークパワー)と衝撃破(光音響効果)により、
    色素の粒子をより細かく破砕することができるため、少ない回数でシミを除去することができる

治療の流れ

  • STEP01

    カウンセリング・診察

  • STEP02

    洗顔

  • STEP03

    施術

施術概要

  • 施術時間

    施術時間

    30分

  • 持続

    回数

    ~10回(シミの状態で異なる)

  • 持続

    通院

    なし

  • ダウンタイム

    メイク

    当日から可能

  • ダウンタイム

    シャワー

    当日から可能

  • 痛み

    痛み

    ゴムで軽くはじかれる程度

リスク

  • 赤み、膨隆疹、火傷、炎症後色素沈着、色素脱失、内出血

よくある質問

Q.

肝斑の治療はどれくらいのペースで通えば良いですか?

A.

肌状態にもよりますが、1週間から2週間に1回のペースがお勧めです。

Q.

施術後気を付けることはありますか?

A.

施術部位は擦ったりせず、UVケアと保湿をしっかり行ってください。

Q.

どれくらいで効果があらわれますか?

A.

シミの種類や状態でも異なり、1回でも効果をご実感いただけるものと、10回前後かかるものがございます。
詳しくはご相談くださいませ。

料金について

シミレーザー治療・肝斑レーザー治療の料金については「価格表」ページをご覧ください。

料金

RESERVATION. CONTACT

皆様の「きれい」をサポートいたします。

医療法人社団美星会 東京表参道BeLumiクリニック(ベルミクリニック)では、皆様からのご予約・ご相談を受け付けております。

「きれい」は、1日で手に入れられるものではありません。手に入れても、それを維持することは困難です。

皆様の「きれい」のためにいま必要な治療を、院長が責任をもってご提案し、「きれい」を引き出すお手伝いをさせていただきます。

どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

tel.03-3475-4112

営業時間 10:00~18:00
(電話受付 9:30~18:00

※不定休 電話受付は年中無休
(年末年始、その他特定日を除く)

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

PDF Icon 保護者同意書

未成年の方は親権者の同意書が必要です。
上記PDFを印刷し、ご記入の上ご来院ください。