TREATMENT脂肪溶解注射・GLP-1注射・脂肪吸収抑制剤

  1. 脂肪溶解注射・GLP-1注射・脂肪吸収抑制剤

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射とは
脂肪溶解注射とは

専用の薬剤を脂肪層に直接注入し、脂肪細胞を溶解・分解して体外に排出する治療を脂肪溶解注射といいます。当院では使用している薬剤は「メソラインスリム」と「カベルライン」となり、小顔効果や部分痩せに効果が期待できます。
注射だけの治療なので身体への負担も少なく、また、脂肪溶解注射は脂肪細胞を減らすことができるため、リバウンドの心配が少ない治療法です。

カベルライン(Kabelline)

カベルラインは、FDA認可のデオキシコール酸を主成分に、L-カルニチンとアーティチョークエキス(独自処方)が配合されており、2年間の臨床試験により安全性も証明された高い効果が期待できる脂肪溶解注射です。
脂肪細胞を破壊し、代謝を促進するデオキシコール酸が0.5%(BNLSneoの約5,000倍の濃度)と高濃度で含有しており、脂肪の代謝を促進し分解を促すL-カルニチン、脂肪組織を血液中に誘導し排泄を促すアーティチョークエキスも配合されていることで、従来より満足度の高い施術が可能となりました。
脂肪溶解効果が高く腫れにくい薬剤のため、頬やマリオネットライン、あご裏などのお顔以外にも、二の腕、脇腹、腹部、大腿部など体の部分痩せにも効果的です。

デオキシコール酸の作用

① 脂肪細胞内へ水分を過剰に吸収させることで、脂肪細胞の分解を喚起します。

② 不要な脂肪細胞は自然に生分解され、リンパ管またはマクロファージから放出されます。

③ 脂肪を蓄積せず、また脂質生成を阻害します。

カベルライン(Kabelline)の特徴

  • FEATURE01

    痛みとダウンタイムは最小限

    ・注入後の浮腫みは1~3日ほどで落ち着きます。他の脂肪溶解注射より痛みも少なく、施術時間は10分程度で完了するため、忙しい方でも受けやすい治療です。
    日常生活に負担なく、ダイエットでは痩せにくい部分痩せが可能です。

  • FEATURE02

    フェイスにもボディにも使用可能

    ・脂肪溶解注射はデオキシコール酸の濃度が高いほど効果も高いですが、その分痛みやダウンタイムが大きくなります。カベルラインはデオキシコール酸が0.5%と高濃度でありながら、腫れなどのダウンタイムを最小限に抑えることができるバランスの良い脂肪溶解注射です。
    従来の顔の脂肪溶解注射で効果を感じなかった方や、なるべく少ないダウンタイムで体の部分痩せをしたい方におすすめです。

  • FEATURE03

    効果を早く実感できる

    ・脂肪溶解注射は3~4週間に1回のペースの治療となりますが、カベルラインは1週間に1回のペースで治療をすることができるため、目標とする状態に早く到達することができます。また、施術後軽い運動や施術箇所のマッサージをしていただくことで、より効果が出やすくなります。

施術概要

  • 施術時間

    施術時間

    10分程度

  • 持続

    施術間隔

    「メソラインスリム」は2週間、
    「カベルライン」は1週間空ける

  • 痛み

    痛み

    針を刺すときのチクッとした痛み

  • 持続

    施術回数

    3~5回

  • ダウンタイム

    シャワー

    当日より可能

  • ダウンタイム

    入浴

    翌日より可能

  • ダウンタイム

    メイク

    当日より可能

※メソラインスリムの1日で治療できる範囲は10cm×10cmを1面と数え、最大8面までとなります。広範囲の治療をされる方は日にちをずらして治療を行います。
※カベルラインは最大24mlまでとなりますが、医師の判断により注入量は決定いたします。

よくある質問

Q.

ダウンタイムはありますか?

A.

カベルラインは、1~3日ほど浮腫み、赤み、かゆみなどが出ることがあります。メソラインスリムは、数日から1週間ほど赤みを伴う熱感と、注入部位が一時的に硬くなることがありますが、時間の経過とともに軽減致します。内出血が出た場合は1~2週間で落ち着きます。

Q.

誰でも治療は受けられますか?

A.

妊娠・授乳中、大豆アレルギーや高脂血症・心臓疾患・自己免疫不全・甲状腺機能亢進症などのご持病がある方、その他糖尿病や肝臓病など基礎疾患のある方は治療をお受けいただけません。詳しくは医師にご相談くださいませ。

Q.

どれくらいで効果は出ますか?

A.

1回ずつの効果はありますが、通常3回~5回ほどでご満足される方が多いです。

GLP-1注射とは

GLP-1注射

GLP-1はGlucagon-like peptide-1の略で「痩せるホルモン」とも呼ばれており、小腸から分泌される消化管ホルモンです。「GLP-1」が少ないと食欲が制御できずに太りやすく、「GLP-1」が多いと適量の食事で満腹感が得らるので太りにくいとされています。
この「GLP-1」を補うことで満腹感を高め、空腹感を低下させ食欲を抑制します。
安全性が高くダイエット効果が認められている「GLP-1」は、アメリカやヨーロッパ、韓国では抗肥満薬として認可されており、新しいメディカルダイエットとして期待されています。

GLP-1の量で「太りやすい」or「痩せやすい」が決まる!

GLP-1はもともと体内に持っているホルモンの一つで、分泌量によって「痩せやすい」「太りやすい」が決まります。

GLP-1注射
GLP-1注射

GLP-1補うことで
太りにくい体質を手に入れられる!

GLP-1注射

このような方におすすめ

・ダウンタイムが取れない

・間食がやめられない

・周りにバレずに細くなりたい

・今までダイエットに失敗してきた

・リバウンドしたくない

・痩せたいのに食事量を抑えられない

施術のポイント

  • Point01

    自然に食欲を抑えられる

    食事中や食後に小腸からGLP-1が分泌されると満腹であるという信号を脳に送ります。
    この仕組みを利用したのがGLP-1ダイエットです。GLP-1を注射することで、満腹感が得られ食事量も自然と抑えられるので、過激な運動や食事制限することなく健康的に痩せる事が可能です。

  • Point02

    ストレスフリーのダイエット

    厳しい食事制限やハードな運動は心身に負担がかかり、強いストレスとなります。それがダイエット失敗の原因にもなります。GLP-1ダイエットは、ストレスなくダイエットができることで、継続しやすくリバウンドも起こりにくくなります。

  • Point03

    体質が改善される

    体内のGLP-1の濃度が上がりやすくなるので、無理することなく、太りにくく痩せやすい体質へと改善されていきます。

  • Point04

    生活習慣病予防

    内臓脂肪は、生活習慣病の代謝に関係する物質の異常が原因と言われており、高血糖、高血圧、動脈硬化などのリスクにつながります。内臓脂肪は食事制限により減らせることができるため、GLP-1ダイエットで食事のコントロールを行うことにより、年齢とともにつきやすくなる内臓脂肪対策に効果的です。

GLP-1の安全性について

日本では糖尿病の治療として使用されている薬です。
GLP-1ダイエットはFDA(アメリカ食品医薬品局)、EMA(ヨーロッパ医薬品庁)、MFDS(韓国食品医薬品安全処)などで肥満治療薬として認証されています。
しかし、日本ではGLP1製剤の肥満症に対する適応はありません。
(お客様の体質・状態に合わせてGLP-1ダイエット薬をご提案いたします)

GLP-1ダイエットとインスリン注射の違い

GLP-1ダイエットとインスリン注射を混同されることがありますが、全く別の治療です。
インスリン注射は、インスリンホルモンが不足しているために直接インスリンを摂取し、糖尿病の患者様の血糖値を下げることを目的とした治療です。
一方、GLP-1はインスリンの分泌を促すホルモンの一種で、血糖値や摂取カロリーをコントロールする作用がありますが、インスリンそのものではありません。
GLP-1ダイエットは安全性が高く、諸外国でも肥満治療薬として承認されている新しいメディカルダイエットです。

施術概要

  • 施術時間

    施術時間

    1分

  • 持続

    通院

    なし

  • 持続

    施術間隔

    1週間に1回

  • 痛み

    痛み

    ほとんどなし

  • ダウンタイム

    シャワー

    当日より可能

よくある質問

Q.

誰でも治療は受けられますか?

A.

妊娠・授乳中、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、1型糖尿病、胃腸障害、膵臓障害、G6PD欠損症、癌などのご持病がある方は治療をお受けいただけません。

Q.

どれくらい痩せますか?

A.

平均で1ヶ月に1~3㎏の体重の減少がみられます。ただし効果には個人差があり、体重減少を保証するものではありません。

Q.

食事制限や運動はしなくても痩せますか?

A.

食欲を抑制されるので自然に体重が減少していきますが、適度な運動やバランスの良い食事を併用していただくことでより効果を高めることができます。

料金について

GLP-1注射の料金については「価格表」ページをご覧ください。

料金

リスク・注意事項について

  • 腹部の膨満感・胃部不快感・便秘・下痢・吐き気・頭痛
  • 低血糖、頻脈、膵炎、胆石症、胆嚢炎、急性腎不全、アナフィラキシーショック

脂肪吸収抑制剤とは

メディカルダイエット(脂肪吸収抑制剤)

脂肪吸収抑制剤のゼニカルは、膵臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑制し、余分な油分・脂肪分を体外へ排出し、摂取カロリーを下げることができる薬です。
食事と併せて服用することにより、食事から摂取した脂肪の30%ほどをカットするといわれており、1998年にFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可され、世界中で広く用いられています。

このような方におすすめ

・脂っぽい食事が好き

・食事を不規則に摂っている

・食事制限や運動が続かない

・生活習慣の予防をしたい

・ダイエットをしているがなかなか痩せない

施術のポイント

  • POINT01

    内服だけなので毎日続けやすい

  • POINT02

    無理な食事制限や運動をしないのでストレスが少ない

治療の流れ

  • STEP01

    カウンセリング・診察

  • STEP02

    お薬処方

施術概要

用法・容量

1日3回、食事中または食後に1カプセル服用。油分の多い食事をした時だけの内服も可能です。
また、脂肪とともに吸収されるビタミンA、D、E、Kやベータカロテンなどの成分が不足するため脂溶性ビタミンを補助するようにしてください。

デメリット

おならの増加や油分の多い便、急な便意や便失禁が起こることがあります。

リスク

  • 下痢
  • 食欲不振
  • むくみ、だるさ
  • 尿の減少、血尿

よくある質問

Q.

誰でも内服は可能ですか?

A.

妊娠・授乳中の方、肝疾患、腎疾患や消化吸収に関するご持病のある方、ゼニカルの成分にアレルギーのある方などは服用ができません。
また、ゼニカルとの飲み合わせに注意が必要なお薬もございますので、内服中のお薬がある方はお薬手帳をご持参ください。

Q.

長期内服は可能ですか?

A.

軟便や体調に異常がなければ長期内服は可能ですが、個人差がございますので必ず医師の指示に従ってください。

料金について

脂肪吸収抑制剤の料金については「価格表」ページをご覧ください。

料金

RESERVATION. CONTACT

皆様の「きれい」をサポートいたします。

医療法人社団美星会 東京表参道BeLumiクリニック(ベルミクリニック)では、皆様からのご予約・ご相談を受け付けております。

「きれい」は、1日で手に入れられるものではありません。手に入れても、それを維持することは困難です。

皆様の「きれい」のためにいま必要な治療を責任をもってご提案し、「きれい」を引き出すお手伝いをさせていただきます。

どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

tel.03-3475-4112

営業時間 10:00~18:00
(電話受付 9:30~18:00

※不定休 電話受付は年中無休
(年末年始、その他特定日を除く)

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

PDF Icon 保護者同意書

未成年の方は親権者の同意書が必要です。
上記PDFを印刷し、ご記入の上ご来院ください。